NVIDIA GeForce 6600 ドライバーをインストールしても動かなかったヤツが動いた記録


これは jail ではなく、親環境での出来事。

x11/nvidia-driver

# cd /usr/ports/11/nvidia-driver
# make install clean

の後に、

/boot/loader.conf

nvidia_load=”YES”

いったんリブートしてから、

# kldstat
Id Refs Address    Size     Name
 1   14 0xc0400000 c03d38   kernel
 2    1 0xc1004000 ad99e4   nvidia.ko
 3    2 0xc1ade000 2fc38    linux.ko
 4    1 0xc52bb000 5000     nullfs.ko

として、nvidia.ko がロードされていることを確認したら、

# Xorg -configure

xorg.conf.new

Section “Device”
        ・・・・・
        Identifier  “Card0”
        Driver      “nvidia
        VendorName  “nVidia Corporation”
        BoardName   “NV43 [GeForce 6600]”
        BusID       “PCI:1:0:0”
EndSection

に変更してからの、

# Xorg -config xorg.conf.new -retro

をすると、画面が乱れる。

そこで、/var/log/Xorg.0.log を見ると、

(EE) Failed to initialize GLX extension (Compatible NVIDIA X driver not found)

というのがあったのでぐぐった。

で、見つけて試してみたのが @IT の 「NVIDIAドライバでOpenGLが有効にならない場合は」という記事。

Section “Files”
    ModulePath “/usr/lib/xorg/modules/extensions/nvidia” ←追加
    ModulePath “/usr/lib/xorg/modules”
EndSection

 再び、

# Xorg -config xorg.conf.new -retro

をしたら、無事に、

黒とグレーのグリッドと X のマウスポインタが現われればその設定は成功です。テストを終了するには、コマンドを実行した仮想コンソールに Ctrl+Alt+Fn (1 番目の仮想コンソールへは F1) と入力して切り替え、 Ctrl+C と入力してください。

ができた。

で、

# cp xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf

 さらに、ユーザディレクトリに .xinitrc を作り、

#!/bin/sh

xterm -geometry 80×40+269+57

などとしておき、

> startx

 

Leave a Comment