pkg_add -r xorg と x11/xdm – ディスプレイマネージャ (in a jail)


jail 環境で ports x11/xorg からの make でエラーが出たので、package を試してみることにした。 

(参照:6.3 X11のインストール

# pkg_add -r xorg

port で make した時はエラーが出たが、さすが package 。難なく入ったっぽい。 

/etc/rc.conf に下記を追加。

hald_enable=”YES”
dbus_enable=”YES”

続けて、xdm をインストールする。

# cd /usr/ports/x11/xdm
# make config-recursive
# make install clean

 /etc/ttys

#ttyv8  “/usr/local/bin/xdm -nodaemon”  xterm   off secure
ttyv8   “/usr/local/bin/xdm -nodaemon”  xterm   on secure

/usr/local/lib/X11/xdm/Xaccess

#*                                     #any host can get a login window
*                                       #any host can get a login window

XDMCP プロトコルで接続するので↓

/usr/local/lib/X11/xdm/xdm-config

!DisplayManager.requestPort:    0
DisplayManager.requestPort:     177

ログインするユーザのディレクトリに .xsession を作る。-geometry のサイズは画面サイズに合わせて中央に設定しているだけ。パーミッションは644 でOK。

#!/bin/sh

xterm -geometry 80×40+269+57

 

 で、再起動後、別PC にインストールしてある Xming で試してみた、が接続できない。

# ps aux

xdm が起動していなかった

 

ので・・・、

暫定的に FreeBSD 起動時にサービスを起動させてみる。 xdm が自動起動するように、

 /usr/local/etc/rc.d/xdm.sh を作って、パーミッションを 755 にする。

#!/bin/sh

/usr/local/bin/xdm

/etc/ttys の記述を戻す。

ttyv8  “/usr/local/bin/xdm -nodaemon”  xterm   off secure
#ttyv8   “/usr/local/bin/xdm -nodaemon”  xterm   on secure

で、再起動。

# ps aux

xdm が起動したので 別PC の Xming から接続を試みる。

 

動いた!

/usr/local/etc/rc.d/xdm.sh を作ったが、場当たり的なモノなのだから。

Leave a Comment