Blackbox の設定ファイル


Blackbox の設定ファイルは /usr/local/share/blackbox/ にあるようだ。取り急ぎ、メニューファイルをユーザディレクトリにコピーする。コピー先のファイル名はどんなものでもよい。

# cp /usr/local/share/blackbox/menu /home/user/.blackboxmenu

で、/home/user/.blackboxrc を変更する。

session.menuFile:       /home/user/.blackboxmenu

あとは、.blackboxmenu を書きかえれば、マウスクリックで表示されるポップアップメニューを自由に編集できることになる。

ただ、困ったことに、マウスメニューの中のアプリケーション名をクリックしても、そのアプリケーションが起動しないのだ。まいった。

ちなみに、Windowsパソコン (IPv4例:10.9.0.123) の Xming を使い、FreeBSD Jail 環境で Xクライアントを起動している。

とりあえず、ログを確認。

/home/user/.xsession-errors

bt::Display: failed to open display ”
xterm Xt error: Can’t open display: 10.9.0.0

↑ あら?

/var/log/Xorg.0.log は、特に目立ったエラーはないなぁ。

で、あーでもない、こーでもないしてたら、実は、次のように /etc/hosts の設定をしたことによって解決したのだった。なんじゃそりゃ。

/var/log/xdm.log

xdm error (pid 1892): Cannot convert Internet address 10.9.0.123 to host name

これは何だろうと、とりあえずこれから解決しようとして、結果的にコマンドが起動したやつ。

/etc/hosts

10.9.0.123      ComXming123

はい、動きました。

ついでに、背景の色も変わって、とりあえずOK。

 

Leave a Comment