FVWM – ウィンドウマネージャ


x11-wm/fvwm

Fvwm Ver 1.24r

# cd /usr/ports/x11-wm/fvwm
# make config-recursive
# make install clean

で、.xsession を変更(下記は例)

#!/bin/sh

fvwm

 今回は、jail 環境にインストールしたので、Xming で接続。いつも通りに xdm が立ち上がって、ログインしてみた。

なんという・・・。

自信の存在感を余すことなく存分にアピールしているじゃないか。画面中央には、これでもかーーーっ、というくらいの FVWM ロゴマークを表示。背景には、まるで手書き風の fvwm の小さな画像を無限に並べ立てる。

その昔、PC-9801FAとか使っていた頃に喜んで遊んでいたゲームを思い出す。

Σ(@@)

少し使ってみたのだが、さすが twm に似ている。それでいて、ウィンドウの使い勝手が twm よりも良くなっている。仮想デスクトップも用意されているので、マウスを画面の端に移動させることで、別の画面に切り替わる。

FVWM 起動時の背景やロゴマークは、~/.fvwmrc で変更できるようだ。.fvwmrc のベースとなるファイルは、/usr/local/lib/X11/fvwm/system.fvwmfc である。

> cp /usr/local/lib/X11/fvwm/system.fvwmfx ~/.fvwmrc

なお、背景などの画像ファイルは xpm となっていて、/usr/local/include/X11/pixmaps/ に入っている。

 

Leave a Comment