WDM でウィンドウマネージャを選択する


とりあえず初期状態では、下記のウィンドウマネージャが選択できる。

  • NoChange
  • wmaker
  • afterstep
  • blackbox
  • ctwm
  • enlightenment
  • fvwm
  • fvwm2
  • fvwm95
  • olvwm
  • qvwm
  • tvtwm
  • failsafe(ウィンドウ枠を表示しないフェイルセーフ)

(やること、むっちゃ増えたし。)

 これらの設定はどこにあるんだろうと、

# cd /usr/local/lib/X11/wdm
# grep wmaker *

Xclients:       wmaker*|WMaker*|WindowMaker*)
Xclients:               WMAKER_PATH=wmaker
Xclients.in:    wmaker*|WMaker*|WindowMaker*)
Xclients.in:            WMAKER_PATH=wmaker

wdm-config:DisplayManager*wdmWm:           wmaker:afterstep:blackbox:ctwm:enlightenment:fvwm:fvwm2:fvwm95:olvwm:qvwm:tvtwm

wdmReconfig:rc_word=wmaker
wdmReconfig:WMAKER_PATH=”wmaker”

ひとずつ、いじってみるか。

/usr/local/lib/X11/wdm/Xclients の wmaker* などは、ワイルドカードっぽいわけで、/usr/local/lib/X11/wdm/wdm-config の中のリストを変更してみた。

現状使えるウィンドウマネージャにマークを付けて、並び順を変えてみる。

DisplayManager*wdmWm:           wmaker@:enlightenment@:fvwm2@:twm@:afterstep:blackbox:ctwm::fvwm:fvwm95:olvwm:qvwm:tvtwm

 

問題なく起動した。

が、本来は、wdm-config や Xclients の設定は、wdmReconfig を実行することで作り変えるらしい。

で、とりあえずそのまま wdmReconfig を実行したら、wdm のユーザログイン後に、ウィンドウマネージャへ遷移せず、再び wdm の画面に戻ってしまうようになった。

結局 wdm の再インストール。

 

 

 

 

 

Leave a Comment