WDM の wdmReconfig を実行した後にウィンドウマネージャが開かなくなる


なにか、やらかしたに違いないが・・・編集前後のファイルを見比べてみることにした。

wdm-config や Xclients の設定は、wdmReconfig (シェルスクリプト)を実行することで作り変えるようだ。スクリプトを眺めてみた。

  • wdmReconfig ⇒ ウィンドウマネージャの選択リスト作成と wdm-config、Xclient を作成。
  • wdm-config.in ⇒ これを元にして、wdm-config 作成。
  • Xclients.in ⇒ これを元にして、Xclients 作成。

まず、wdm の再インストールの後、wdm-config と Xclients のバックアップを取る。

そして、おもむろに wdmReconfig を実行し、Xming で接続してみる。

やはり、ログインしても、wdm 画面に戻ってしまう。

~/.xsession-errors を見ると、

exec: /usr/local/lib/X11/wdm/Xclients: not found

ん?  バックアップした Xclients を見比べてみた。

#!/bin/sh –
# configs/Xclients.  Generated from Xclients.in by configure.

上がバックアップしておいた Xclients の1~2行目。下が、wdmReconfig で生成した Xclients の1~2行目。

#!@SHELL_LOGIN@
# @configure_input@

@SHELL_LOGIN@ が置換されてないでしょう? 意図的?

/usr/local/lib/X11/wdm/wdmReconfig を書き換える(というか1行追加する)。

# update Xclients
        configfile=/usr/local/lib/X11/wdm/Xclients
        rm -f $configfile
        sed -e “s:@XRDB_PATH\@:/usr/local/bin/xrdb:” \
            -e “s’@WMAKER_PATH\@’$WMAKER_PATH'” \
            -e “s’@AFTERSTEP_PATH\@’$AFTERSTEP_PATH'” \
            -e “s’@BLACKBOX_PATH\@’$BLACKBOX_PATH'” \
            -e “s’@ICEWM_PATH\@’$ICEWM_PATH'” \
            -e “s’@XSESSION_PATH\@’$XSESSION_PATH'” \
            -e “s’@STARTKDE_PATH\@’$STARTKDE_PATH'” \
                -e “s:@WINMGR_NAME\@::” \
                -e “s:@WINMGR_PATH\@::” \
                -e “s:@SHELL_LOGIN\@:/bin/sh:” \
                $configfile.in \
                > $configfile
        chmod 755 $configfile

で、wdm を再起動後で再度ログインしてみたら、無事、ウィンドウマネージャが起動した。

つづいて、wdm の画像が表示されていない件も、@GFXDIR@ が置換されていない。

 /usr/local/lib/X11/wdm/wdmReconfig を書き換える(さらに、1行追加する)。

# update wdm-config
        configfile=/usr/local/lib/X11/wdm/wdm-config
        rm -f $configfile
        sed \
                -e “s:@DMDIR\@:/usr/local/lib/X11/wdm:” \
                -e “s:@BINDIR\@:@BINDIR@:” \
                -e “s:@SHUTDOWN\@:/sbin/shutdown:” \
                -e “s:@LOGDIR\@:/var/log:” \
                -e “s:@RUNDIR\@:/var/run:” \
                -e “s:@PIXMAPFILE\@:beastie.xpm:” \
                -e “s:@PIXMAPCOMMENT\@::” \
                -e “s:@exec_prefix\@:/usr/local:” \
                -e “s/@WMLIST\@/$WMLIST/” \
                -e “s:@GFXDIR\@:/usr/local/lib/X11/wdm/pixmaps:” \
                $configfile.in \
                > $configfile
        chmod 644 $configfile

これで、wdmReconfig を実行すると、元通りの画像が表示された。

 

 

Leave a Comment