DELL Inspiron 15R に FreeBSD 9.0 を入れて X11


X11 にもずいぶん慣れてきたので、常用しているノートパソコンでデスクトップ環境を作ってみたいと思いながらも、なかなかチャンスが来なかった。なぜなら、Windows 環境を捨ててまで乗り換える気は無いからだ。

ノー トパソコンをもう一台買おうかとも思ったが、うまく FreeBSD が動かせなくて失敗するのもいやだし・・・。さんざん悩んだ末に、SATA の 2.5インチ・ハードディスクを入手して、お試しすることにした。Windows 7 が入っているハードディスクと差し替えて、FreeBSDをインストールしてみようということだ。

さてさて、ハードディスクを交換して、結果、下記の環境で X11 をインストールする。実機は、DELL Inspiron 15R だ。

  • CPU : Intel Core2 Duo 2.53GHz 2.53GHz
  • RAM : 4GB
  • HDD : 120GB
  • OS : FreeBSD 9.0R

以下は、インストール手順のメモなヤツ。

1. FreeBSD 9.0R を CD-ROM からサクッとインストール。

FreeBSD 9.0R をインストール

2. xorg をインストール。

# pkg_add -r xorg

/etc/rc.conf に下記を追加。

hald_enable=”YES”
dbus_enable=”YES”

xorg.conf 作成。

# Xorg -configure
# cp xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf

3. xdm をインストール。

# cd /usr/ports/x11/xdm
# make config-recursive
# make install clean

/etc/ttys を変更。

#ttyv8  “/usr/local/bin/xdm -nodaemon”  xterm   off secure
ttyv8   “/usr/local/bin/xdm -nodaemon”  xterm   on secure

/usr/local/lib/X11/xdm/Xaccess を変更。

#*                                     #any host can get a login window
*                                       #any host can get a login window

/usr/local/lib/X11/xdm/xdm-config を変更(後に他PCからXDMCP接続する時のために)。

!DisplayManager.requestPort:    0
DisplayManager.requestPort:     177

4. Fluxbox インストール。

# cd /usr/ports/x11-wm/fluxbox
# make config-recursive
# make install clean

5. .xsession の編集。

~/.xsession を作成。

#!/bin/sh

xterm -geometry 80×25+50+50 &
fluxbox

6. キーボード jp106 を設定する。(参考:6.4.2 X11 の設定

/usr/local/etc/hal/fdi/policy/x11-input.fdi

<?xml version=”1.0″ encoding=”ISO-8859-1″?>
<deviceinfo version=”0.2″>
<device>
<match key=”info.capabilities” contains=”input.keyboard”>
<merge key=”input.x11_options.XkbModel” type=”string”>jp106</merge>
<merge key=”input.x11_options.XkbLayout” type=”string”>jp</merge>
</match>
</device>
</deviceinfo>

7. firefox36 インストール。

  • Firefox 3.6 は、2012年4月23日にサポートが終了するそうです。

# cd /usr/ports/www/firefox36-i18n
# make config-recursive
# make install clean

からの、メニューを日本語化するために、

Firefox を起動して、アドレスバーに about:config をタイプして、表示されるページの general.useragent.locale の値を ja-JP に変更して、Firefox を起動しなおす。

さらに、flush を使う場合は、Firefox3 と Flash Plugin を参照のこと。

8. scim-anthy をインストール。

scim anthy – 日本語変換

9. 日本語フォントがしっくりこない場合

FONT: msgothic.ttc msmincho.ttc

10. Sylpheed をインストール。

Sylpheed – メーラー

取り急ぎ、ここまで!

Leave a Comment