idesk を使ってデスクトップにアイコンを置く


x11/idesk

idesk 0.7.5_9

# cd /usr/ports/x11/idesk
# make config-recursive
# make install clean

で、

> idesk

としてみるが、~/.ideskrc が無いよ的なエラーが表示される。しかたがないので、README ファイルを読むことにした。なお、いろいろ試したが、ちょいと面倒な感じだったので結果のみ記載する。

/usr/local/share/doc/idesk/README の中に、何気なくサンプルっぽいのがあるので、これを ~/.ideskrc に転記する。

> vi ~/.ideskrc

内容は下記のような感じ(一部変更してある)。

table Config
  FontName: helvetica
  FontSize: 12
  FontColor: #FFFFFA
  FontNameTip: helvetica
  FontSizeTip: 9
  ForeColorTip: #0000FF
  BackColorTip: #FFFFFF
  PaddingX: 10
  PaddingY: 10
  Transparency: 75
  HighContrast: true
  Locked: false
  Shadow: false
  ShadowColor: #0006FA
  ShadowX: 2
  ShadowY: 2
  SnapShadow: true
  IconSnap: true
  SnapWidth: 10
  SnapHeight: 10
  SnapOrigin: BottomLeft
  SnapShadowTrans: 300
  CaptionOnHover: false
  Bold: true
  ToolTip.FontSize: 11
  ToolTip.FontName: gothic
  ToolTip.ForeColor: #0000FF
  ToolTip.BackColor: #FFFFFF
  ToolTip.CaptionOnHover: false
  ToolTip.CaptionPlacement: Right
  Background.Delay: 0
  Background.File: ~/images/freebsd.png
  Background.Mode: Mirror
  Background.Color: #C2CCFF
end

table Actions
  Lock: control right doubleClk
  Reload: middle doubleClk
  Drag: left hold
  EndDrag: left singleClk
  Execute[0]: left doubleClk
  Execute[1]: right doubleClk
end

ここまでで基本的な設定は、終わり。

さらに、

> mkdir ~/.idesktop
> mkdir ~/.idesktop/icons

としておいて、

デスクトップにアプリケーション起動用のアイコンを追加してみる。

まず、適当なアイコン(ここではファイル名を home.png)を ~/.idesktop/icons に入れる。

なお、今回は、Icones.pro からアイコン画像を使用させて頂くことにした。

さらに、

> vi ~/.idesktop/home.lnk

下記のような内容を記述する。じっくり見れば理解できる内容だ。

table Icon
  Caption: Home
  CaptionTip: This is my home
  Command: rox ~/
  Icon: /home/regza/.idesktop/icons/home.png
  Width: 32
  Height: 32
  X: 20
  Y: 20
end

注意点として、Icon: の項目は、~/.idesktop/icons/home.png などのような指定ではエラーが表示されるので、フルパスで記述する必要があるようだ(たぶん)。

一度、動かしてみる。

idesk 起動前の画面。

 

> idesk &

idesk 起動後の画面。 

背景画像が変わり、画面の左上にアイコンが表示された。

背景画像を変更したくない場合は、~/.ideskrc の Background.File: を消してしまえばよい。

HOMEアイコンをダブルクリックすると rox が起動する。これは、home.lnk に設定したCommand: によって動作を変更することができる。さらに、画面に表示されているアイコンは自由に移動することができる。動きがヌルヌルするので少し重いようだ。

恒常的に利用するのであれば、.xsession に追記すればよい。

よく使うブラウザやメーラーのアイコンを設置して完了。以下、画面イメージとアイコン設定ファイルを以下に列挙する。だんだんと、画面もそれらしい感じになってきた。

~/.idesktop/firefox.lnk

table Icon
  Caption: FireFox
  CaptionTip: Browser
  Command: firefox3
  Icon: /home/regza/.idesktop/icons/firefox.png
  Width: 32
  Height: 32
  X: 20
  Y: 80
end

~/.idesktop/chrome.lnk

table Icon
  Caption: Chrome
  CaptionTip: Browser
  Command: chrome
  Icon: /home/regza/.idesktop/icons/chrome.png
  Width: 32
  Height: 32
  X: 20
  Y: 140
end

~/.idesktop/mail.lnk

table Icon
  Caption: Mail
  CaptionTip: Sylpheed
  Command: sylpheed
  Icon: /home/regza/.idesktop/icons/mail.png
  Width: 32
  Height: 32
  X: 20
  Y: 200
end

~/.idesktop/edit.lnk

table Icon
  Caption: EDITOR
  CaptionTip: gedit
  Command: gedit
  Icon: /home/regza/.idesktop/icons/edit.png
  Width: 32
  Height: 32
  X: 20
  Y: 260
end

以降は wine で動かす windows アプリケーションの場合の例

~/.idesktop/teraterm.lnk

table Icon
  Caption: TeraTerm
  CaptionTip: TeraTerm
  Command: wine /home/regza/.wine/drive_c/Program\ Files/teraterm/ttermpro.exe
  Icon: /home/regza/.idesktop/icons/teraterm.png
  Width: 32
  Height: 32
  X: 20
  Y: 320
end

~/.idesktop/pictbear.lnk

table Icon
  Caption: PictBear
  CaptionTip: PictBear
  Command: wine /usr/home/regza/.wine/drive_c/Program\ Files/Fenrir\ Inc/PictBear\ Second\ Edition/PictBear.exe
  Icon: /home/regza/.idesktop/icons/pict.png
  Width: 32
  Height: 32
  X: 20
  Y: 380
end

~/.idesktop/word.lnk

table Icon
  Caption: Word
  CaptionTip: MS-Word
  Command: wine /home/regza/.wine/drive_c/Program\ Files/Microsoft\ Office/Office/WINWORD.EXE
  Icon: /home/regza/.idesktop/icons/word.png
  Width: 32
  Height: 32
  X: 20
  Y: 440
end

~/.idesktop/excel.lnk

table Icon
  Caption: Excel
  CaptionTip: MS-Excel
  Command: wine /home/regza/.wine/drive_c/Program\ Files/Microsoft\ Office/Office/EXCEL.EXE
  Icon: /home/regza/.idesktop/icons/excel.png
  Width: 32
  Height: 32
  X: 20
  Y: 500
end

 

Leave a Comment