xrandr マルチディスプレイ


> xrandr
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1680 x 1050, maximum 1680 x 1680
VGA connected 1680×1050+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 473mm x 296mm
1680×1050      60.0*+
1280×1024      75.0     60.0
1440×900       75.0     59.9
1280×960       60.0
1280×800       59.8
1152×864       75.0
1024×768       75.0     70.1     60.0
832×624        74.6
800×600        72.2     75.0     60.3     56.2
640×480        75.0     72.8     66.7     59.9
720×400        70.1
LVDS connected 1366×768+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 344mm x 194mm
1366×768       59.6*+
1024×768       85.0     75.0     70.1     60.0
832×624        74.6
800×600        85.1     72.2     75.0     60.3     56.2
640×480        85.0     72.8     75.0     59.9
720×400        85.0
640×400        85.1
640×350        85.1

と確認しておいてから、

  • VGA 1680×1050
  • LVDS 1366×768

で構成する場合、

単純に次のコマンドを打つとエラーが表示される場合がある。

> xrandr –output VGA – -mode 1680×1050 –left-of LVDS –output LVDS –mode 1366×768
xrandr: screen cannot be larger than 1680×1680 (desired size 3046×1050)

2つのディスプレイを左右に並べる合は、仮想的な最大スクリーンサイズが (1680+1366)x1050 になると想定する。

(1680+1366)x1050 = 3046x1050

2つのディスプレイを上下に並べる場合は、仮想的な最大スクリーンサイズが 1680x(1050+768) になる。

1680x(1050+768) = 1680x1818

で、どっちでもいけるようにするならば、それぞれの最大値をとって、3046x1818 仮想的なスクリーンに、2つのディスプレイを配置することになる。

参照:Xorg RandR 1.2 – ThinkWiki

この値を、/etc/X11/xorg.conf に記述する。

Section “Screen”
    Identifier “Screen0”
    Device     “Card0”
    Monitor    “Monitor0”
    DefaultDepth    24
    SubSection “Display”
        Viewport   0 0
        Virtual 3046 1818
    EndSubSection
EndSection

↑実は、ここで Virtual 3046×1818 と書いてしまうとハマル。 x は不要。

一度、再起動しておいてから、

> xrandr –output VGA –mode 1680×1050 –left-of LVDS –output LVDS –mode 1366×768

Leave a Comment