Category Archives: Display Manager

WDM の 初期 Xclients.in で起動しそうなウィンドウマネージャ


/usr/local/lib/X11/wdm/Xclients を、ざっくり見た。

  • startup Window Maker ( wmaker*|WMaker*|WindowMaker* )
  • startup AfterStep ( afterstep*|Afterstep*|AfterStep* )
  • startup Blackbox ( blackbox*|Blackbox*|BlackBox* )
  • startup Fluxbox ( fluxbox*|Fluxbox*|FluxBox* )
  • startup FVWM ( fvwm*|FVWM* )
  • startup FVWM2 ( fvwm2*|FVWM2* )
  • startup FVWM95 ( fvwm95*|FVWM95* )
  • startup IceWM ( icewm*|IceWm*|IceWM* )
  • startup TWM ( twm*|TWM* )
  • startup Xfce ( xfcw*|Xfce*|XFce*|XFCE* )
  • startup Gnome ( gnome*|Gnome* )
  • startup KDE ( startkde*|kde*|KDE* )
  • startup xsession ( xsession*|Xsession* )
  • general purpose entry (その他?)

といった具合で、ここにあるウィンドウマネージャは、Xclients.in を修正しなくても動くはずだ。

たとえば、wdm 画面のウィンドウマネージャの選択リストに、FVWM2 を含めたい場合は、

  1. wdmReconfig の $WMLIST に fvwm2 を追記。
  2. wdmReconfig を実行。

の順でいけるはず。早速やってみる。

/usr/local/lib/X11/wdmReconfig の wmaker の設定の後に、追記する。

rc_word=wmaker
WMAKER_PATH=”wmaker”
    for rc_dir in $path; do
      if test -x $rc_dir/$rc_word; then
        WMAKER_PATH=$rc_dir/$rc_word
        WMLIST=WindowMaker
        break
      fi
    done

rc_word=fvwm2
FVWM2_PATH=”fvwm2″
    for rc_dir in $path; do
      if test -x $rc_dir/$rc_word; then
        FVWM2_PATH=$rc_dir/$rc_word
        WMLIST=”$WMLIST:fvwm2″
        break
      fi
    done

で、

# ./wdmReconfig

xdm-config の中をみると、

DisplayManager*wdmWm:           WindowMaker:fvwm2

となっている。よし。

wdm を再起動して試してみよう。

ウィンドウマネージャ選択リストに fvwm2 が表示された。もちろん、ログインした後に fvwm2 が起動した。

なんとかなったようだ。

てか、ここまでやって、なんだんだけど、wdm-config や Xclients を直接書き換えたほうが早いし・・・。